【新幹線?自動車?】松山から京都の交通手段徹底比較【愛媛県】

      2017/01/08

祇園祭
LINEで送る
Pocket

京都に行く場合、どの交通手段がよいのか?
一般的には鉄道を想像しますが、
他にも飛行機、高速バス、自動車などの選択肢もあります。

今回は愛媛県松山から京都へ向かう場合、
はたしてどの交通手段が速いのか?安いのか?
徹底比較してみました。
条件・記載内容は以下の通り。

  • いずれも松山駅を出発点、京都駅を終着点とする。
  • 時間、料金金額はいずれも片道。

さあ、各交通手段の徹底比較スタートです!!

関連記事:
【永久保存版】京都の観光名所一覧【人気スポット100選】

特急しおかぜ+新幹線~時間・料金のバランスがよい~

新幹線
真っ先に思い浮かぶのは特急+新幹線でしょう。
松山から新幹線を利用する場合には
特急しおかぜで岡山に向かい新幹線に乗り換えます。。

松山-(特急しおかぜ)- 岡山-(新幹線)- 京都

所要時間は4時間、料金は自由席で11,810円。
特急しおかぜは一日に十数往復運行されており、
比較的豊富かつ便利な路線といえるでしょう。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

在来線~格安もお得感少なめ~

JR新快速
では上記の路線を特急を利用せずに在来線だけで移動した場合。

松山(予讃線)- 瀬戸大橋線 - 岡山(山陽本線・東海道本線)- 京都

所要時間は約8時間半、料金は自由席で7,280円。
新幹線を利用した場合と比較して
所要時間は二倍、料金は4,000円ほど安くなります。
さほどお得とは言えない手段です。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

高速バス~格安交通の代表~

高速バス
格安交通の代表格「高速バス」
松山駅と京都駅間では、2016年9月現在、JRバス夜行便が設定されています。

  • 所要時間:約8時間30分・料金:7,200円

在来線よりも早く、安く、乗り換えなしで到着することができ、
もっともリーズナブルな交通手段といえます。

飛行機~最速の交通手段

京都から伊丹空港
2016年9月現在、松山空港から大阪伊丹空港間には一日12往復の航空便は設定されています。
また松山駅から松山空港までは連絡バスが走っており、
約20分・310円と便利であり、伊丹空港から京都までのアクセスの不便さを補っても余りあるといえます。

空港からの移動も含め、
所要時間は約3時間、料金は約21,000円~。
航空便の時期や予約のタイミングによってはさらに安くなる可能性もあり、
飛行機が不便な京都にあってはなかなか有効な交通手段といえます。

自動車~自由度と人数次第ではコスト減も~

京都南IC
マイカーをお持ちの方は、移動も観光もマイカーというのもありです。
自動車で高速道路を利用する場合は下記の経路が考えられます。

淡路島・明石海峡大橋経由

●所要時間:約4時間半
●ガソリン代:約2,400円
経路:松山自動車道・松山IC-松山自動車道・徳島自動車道-神戸淡路鳴門自動車道-阪神高速-山陽道・中国道-名神高速・京都南IC
約362キロ
ガソリン代:130円/L
燃費:一般的な普通車20km/Lとした場合
●高速料金(松山IC-京都南IC):通常料金12,920円・深夜ETC10,510円

瀬戸大橋経由

●所要時間:約4時間半
●ガソリン代:約2,600円
経路:松山自動車道・松山IC-松山自動車道・高松自動車道-瀬戸中央自動車道-山陽道・中国道-名神高速・京都南IC
約400キロ
ガソリン代:130円/L
燃費:一般的な普通車20km/Lとした場合
●高速料金(松山IC-京都南IC):通常料金10,740円・深夜ETC8,790円

瀬戸大橋経由の方が走行距離は長いものの、高速料金は安いようです。
道路状況などの外部要因によっても変動しますが、
鉄道を利用するよりも安い金額です。

関連記事:
【京都南】どっちが便利?京都の高速道路事情【京都東】

結論

時間優先なら飛行機、
値段なら高速バス、
料金と時間のバランスでは「新幹線+特急しおかぜ」といえるでしょう。

以上、【新幹線?自動車?】松山から京都の交通手段徹底比較【愛媛県】でした。

LINEで送る
Pocket

 - 交通, 効率的な旅, 観光アクセス