【新幹線?自動車?】名古屋から京都の交通手段徹底比較

      2016/08/25

伏見稲荷大社
LINEで送る
Pocket

京都に行く場合、どの交通手段がよいのか?
一般的には新幹線を想像しますが、
他にも在来線、高速バス、自動車などの選択肢もあります。
今回は名古屋から京都へ向かう場合、
はたしてどの交通手段が速いのか?安いのか?
徹底比較してみました。
条件・記載内容は以下の通り。

  • いずれも名古屋駅を出発点、京都駅を終着点とする。
  • 時間、料金金額はいずれも片道。

さあ、各交通手段の徹底比較スタートです!!

関連記事:
【永久保存版】京都の観光名所一覧【人気スポット100選】

新幹線~圧倒的なスピード~

新幹線

冒頭でも述べましたが王道中の王道、新幹線です。
名古屋から京都の所要時間は「のぞみ」なら約35分。
圧倒的なスピードを誇ります。
料金は、普通席自由席で片道5,070円。
所要時間を考えるとお手頃と言えます。

時間のある方にはJR東海の「ぷらっとこだま」というプランもおすすめ。
所要時間は50分と若干長く、予約も必要ですが、
料金は通常期なら4,200円と1,000円近くお安く、
1ドリンク引換券つきでさらにお得です。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

在来線~乗換時間に注意~

JR京都線

名古屋から京都まで在来線を乗り継ぐパターン。
料金は2,590円、所要時間は通常2時間15~30分。
新幹線の約半額となるためお得です。

注意点としてはこの区間は直通電車はなく、
大垣もしくは米原で乗り換えを必要とします。
時間帯によっては接続が悪く、
乗換え待ちで時間を費やすことも。
スムーズな乗換接続が必須となります。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

高速バス~リーズナブルNo.1~

JRバス

格安交通の代表格「高速バス」
高速バスというと夜行を想像しますが、
京都-名古屋間においては昼行バスが主流です。

所要時間は約2時間30分。
料金は片道で2,550円と最もリーズナブル。
一日の本数も朝昼晩と多いため、便利です。

夜行バスも路線がありますが、
深夜に出発し、早朝5時前後に到着するため、
移動距離の割には時間がかかり、
ひと眠りするにも中途半端。
昼バスのほうがおすすめです。

自動車~自由度と人数次第ではコスト減も~

名神高速

マイカーをお持ちの方は、移動も観光もマイカーというのもありです。
マイカーの場合の費用は下記のとおりとなります。

●ガソリン代:約840円
経路:名古屋高速-東名阪高速-新名神高速
約129キロ
ガソリン代:130円/L
燃費:一般的な普通車20km/Lとした場合
●高速料金(烏森IC-京都東IC):通常料金3,830円・深夜ETC2,600円

もちろんガソリン価格や道路状況、車の性能によって変動しますが、深夜ETCを利用した場合には新幹線より安い料金です。
そして自動車ならではの利点は「人数が多ければ多いほど割安になる」という点。
市内観光でのガソリン代や駐車場代も別途かかりますが、みんなでワイワイ楽しみながらの移動も旅行の醍醐味です。

ちなみに所要時間は平均速度80KMで2時間弱。
途中サービスエリアなどで休憩を取り、くれぐれも安全運転でお願いいたします。

関連記事:
【京都南】どっちが便利?京都の高速道路事情【京都東】

結論

安くしたいなら高速バス、
大勢で京都観光に行くなら自動車
総合的には新幹線の勝利といえるでしょう。

以上、【新幹線?自動車?】名古屋から京都の交通手段徹底比較でした。

LINEで送る
Pocket

 - 交通, 効率的な旅, 名所