【新幹線?自動車?】三重から京都の交通手段徹底比較

      2016/08/25

京都の紅葉
LINEで送る
Pocket

京都に行く場合、どの交通手段がよいのか?
一般的には鉄道を想像しますが、
他にも飛行機、高速バス、自動車などの選択肢もあります。

今回は三重から京都へ向かう場合、
はたしてどの交通手段が速いのか?安いのか?
徹底比較してみました。
条件・記載内容は以下の通り。

  • いずれも津駅を出発点、京都駅を終着点とする。
  • 時間、料金金額はいずれも片道。

さあ、各交通手段の徹底比較スタートです!!

関連記事:
【永久保存版】京都の観光名所一覧【人気スポット100選】

新幹線~京都の定番~

JR京都駅
真っ先に思い浮かぶのは新幹線でしょう。
津から京都へ新幹線を利用する場合は、
近鉄特急で名古屋駅に向かい、
名古屋駅で東海道新幹線に乗り換えるコースが最速です。
所要時間は約1時間30分、料金は6,980円。
乗換え一回、料金・速度ともにバランスのとれた経路です。

津駅から名古屋駅までは、JRの特急「南紀」も利用できますが、
所要時間は近鉄の方が早く、本数も圧倒的に多いため、
近鉄特急の利用がおすすめです。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

近鉄特急~さらにリーズナブルに~

近鉄
新幹線を利用せず近鉄線のみで移動する場合には、
奈良・大阪方面行の近鉄線を利用し、
近鉄京都線への乗換えを行います。

津駅から大和八木駅経由で特急を利用した場合には
乗車時間は約2時間、料金は3,520円。

新幹線に比べ若干速度は劣るものの、
料金は半額近く安く、リーズナブルな経路と言えます。

関連記事:
【交通手段】京都駅から観光名所・人気スポットへのアクセスまとめ

特急を利用しない場合~所要時間か料金か~

新快速
新幹線や近鉄特急などの特急を利用しない場合はどうでしょうか?
上記の近鉄線の区間を特急を利用せず移動した場合には、
乗車時間は約2時間40分、料金は1,910円。

また、JR線を利用した場合には、
津駅-(紀勢本線)-亀山-(関西本線)-柘植-(草津線)-草津-(東海道本線)-京都
の経路で乗車時間は約2時間40分、料金は1,660円。
近鉄線に較べると料金はやや安めですが、
この区間は本数が少なく、接続時間も多くなるため、
近鉄線の方が便利と言えるでしょう。

高速バス~格安交通の代表~

高速バス
格安交通の代表格「高速バス」。
三重から京都の区間でも大活躍します。

距離的な関係で夜行便は設定されていませんが、
昼行便の本数は充実。

近鉄バスなどの路線が設定されており、
乗車時間は約1時間50分、料金は1,050円~。

いずれも4列シートのバスである為、
快適度では新幹線や近鉄特急にはおよびませんが、
乗り換えなしでこの料金なら最高のコストパフォーマンスといえます。

飛行機~現実的ではありません~

京都から伊丹空港

2015年7月現在、三重県に空港はありません。
そして京都にも空港はありません。
よって飛行機での移動は現実的ではないといえます。
飛行機を利用するにも名古屋空港や関西国際空港へのアクセスが必須となり、
その他の交通手段と比較しても、
遅くて高くてめんどくさい交通手段と言えます。

【便利?不便】京都から空港へのアクセスまとめ【飛行機】

自動車~自由度と人数次第ではコスト減も~

京都南IC
マイカーをお持ちの方は、移動も観光も自動車というのもありです。
自動車の場合の費用は下記のとおりとなります。

・所要時間:平均速度80KMで約1時間40分。
・ガソリン代:約700円
経路:伊勢自動車道・芸濃IC-東名阪道-新名神高速-名神高速・京都南IC
約103キロ
ガソリン代:130円/L
燃費:一般的な普通車20km/Lとした場合
・高速料金(芸濃IC-京都南IC):通常料金2,580円・深夜ETC1,810円

自動車ならではの利点は
「人数が多ければ多いほど割安になる」という点。
市内観光でのガソリン代や駐車場代も別途かかりますが、
みんなでワイワイ楽しみながらの移動も旅行の醍醐味です。
途中サービスエリアなどで休憩を取り、
くれぐれも安全運転でお願いいたします。

関連記事:
【京都南】どっちが便利?京都の高速道路事情【京都東】

結論

快適な旅なら近鉄特急、
料金優先なら高速バス、
大勢で京都観光に行くなら自動車と言えるでしょう。
以上、【新幹線?自動車?】三重から京都の交通手段徹底比較でした。

LINEで送る
Pocket

 - 交通, 効率的な旅, 観光アクセス